ホームページ制作見積のちょっとリアルな話

BeekではWordpressをベースにホームページ制作を行っているのですが、WordPressベースで制作する時の見積って制作会社・広告代理店・フリーランスでかなり前後すると思うんですよね。同じフリーランスでも各項目の金額が大きく違ったりします。見積もりの金額が違いすぎて何が適正な見積かわからなくなることもあるかと思いますので、今回はBeekで見積を作成する際の話をしていきたいと思います。何かの参考になれば幸いです。

最初に言っておきますが、これはあくまでBeekで見積を作成する場合の内訳や作業内容であり、他社や他のフリーランスの方々にも同じように該当するわけではありません。

ディレクション

Beekではディレクターやプロジェクトマネージャーを置かず、担当者が専任デベロッパーとしてクライアント様を直接コミュニケーションを取りプロジェクトを進めていきますのでディレクション費用は発生致しません。また、WordPressをベースにするため、基本的な機能面のシステム設計や仕様策定も行う必要がないためクライアント様から見えない部分の費用は発生しません。合間に1人入って実際に作る人と直接コミュニケーションが取れないと言うのは結構なストレスになると思うんですよね。
独自の機能を実装する場合は、「機能設計」として別途費用を頂く場合がございます。

テーマ選定

ヒアリングや参考サイトを元にベースとなるWordPressテーマを選定します。既に利用テーマが決まっている場合、ここで費用は発生しません。既に決まっているテーマがこれから作成するホームページの仕様と合わないと判断した場合、数点WordPressテーマをご提案させて頂く場合がございます。

サイト設計(サイトマップ)

Beekではサイト構成を行わず、クライアント様にサイト構成の設計をお願いしております。当たり前ですが、ただ単に費用を抑えるためや面倒くさいという理由ではなく、「クライアント様の業務内容を一番理解しているのはクライアント様である」という考えのもと、クライアント様にサイト構成を作成して頂くことで打ち合わせやヒアリングだけでは見えない部分が見えてくると確信しているからです。サイト構成に関しても、場合によっては修正提案をさせて頂く場合があります。Beekの方でサイト設計を行うこともできますので、ご相談頂ければと思います。

デザイン制作

WordPressテーマ全体に共通する部分のデザイン、トップページデザイン、下層ページデザインの3フェーズに分けてデザインを行います。デザインが既にある場合、デザインを確認し実装が難しい部分があれば調整を行います。ディレクションとは違い、実際にデザインを行わない場合もデザイン確認・調整を行いますので費用は発生致します。

WordPressテーマカスタマイズ・オリジナルテーマ新規制作

デザインを元にWordPressテーマのカスタマイズまたはオリジナルテーマの新規制作を行います。テーマとデザイン次第で作業時間は大きく変わります。また、独自機能を実装する場合、このフェーズで実装を行います。

ページ制作

デザインを元に各ページを制作していきます。ページボリュームや動的処理(javascript)の有無により金額は前後します。

ブラウザ検証

基本的にIE、Firefox、Chrome、Safariの最新版で行います。これら以外のブラウザ検証の追加対応も行っております。

と、ここまでは「こんな内訳で見積をしています」の説明です。ここから実際の金額も含めリアルな部分を出していきます。

人日単価

フリーランスの人日単価は人や技術力によってかなり違いがある部分ですが概ね1.5~5万が(自分の周りでは)相場かと思います。単価は常に一定ではなく案件毎に変わることもありますが、「必要な技術力」「プロジェクト期間の長さ」「フリーランスの居住地」の3点で決まってくると思っています。少し具体的に見ていきましょう。

必要な技術力

これは言わずもがなではありますが、必要になる技術力や専門性が高ければ高いほど人日単価は高くなります。単にWordPressを用いてブログを構築する、テーマの機能だけを使ってホームページを構築するような場合は人日1.5万円程度になるかと思いますが、独自の機能を実装したり込み入ったデザインや動的な処理を必要とする場合、人日単価は少なくとも2.5万~となるケースが多いです。簡単な作業でも技術力がある方とない方では作業にかかる時間・クオリティは違ってきます。単価だけではなく作業にかかる時間等も含め考慮する必要が出てくると思います。

プロジェクト期間の長さ

技術力や専門性に関わらずプロジェクトの期間が長ければフリーランスとしては収入が安定しますので、数カ月に渡る案件の場合は単価を少し安くして見積を出す場合もあります。Beekでは社内にエンジニアがいない企業様の専任エンジニア契約を行っておりますが、専任エンジニア契約は5万円/月で行い、作業の都度3000円/1時間のような形でご対応させて頂いております。

フリーランスの居住地

インターネットを経由して作業するのに住んでる地域関係あるの?と思われるかと思いますが、地域により生活に必要な金額が変わってくるのも事実です。作業スペースの維持費、物価諸々を考慮し生活に必要な金額も人日単価算出の要因となります。フリーランス活動している方でも都内在住と地方在住では同じ作業・技術力でも5,000円~1万/1日程度変わってくる場合もあります。

同じ内容で見積出してもらってるのに金額が異なる理由

様々な要因がありますが、「仕様が曖昧」な点に尽きると思います。仕様が曖昧と言うのは、「ホームページが欲しい。ページは全部で10ページぐらいで見積をください。」というような内容で見積を依頼される場合です。どんな職種なのか、画像は用意できるのか、文章は用意できるのか、どのようなページが必要なのか、ページボリュームはどれぐらいになるのか等、見積を作成する上でキーになる部分が見えず、人によって想定する幅が違い、その想定の違いがそのまま見積金額に反映されてしまうため金額が大きく異なってしまいます。見積金額を後々下げることは簡単ですが上げることは非常に難しい為、余裕を持たせ見積を作成する部分も金額の差異に繋がってくると思われます。ランサーズやクラウドワークスを見てもこの「想定」が人(クライアント、請負者双方)により大きく違うため、金額の差異や実際に作業したら思ったものと違った等の問題が発生しているように思います。(経験談ですが、これに関しては案件に集まる人の数が多く一発で見積通すぐらいの金額じゃないと返信が来ない等の問題もかなりのウエイトがあるように思います)
正直な話、Beekには仕様が曖昧なまま見積をご依頼されるケースの方が多いです。そのような場合でも仕様を明確にするため専用のヒアリングシートを用いてクライアント様のイメージするホームページを把握し、可能な限り適正なお見積をさせて頂きます。

見積だけではなく、「何をどこまでやってくれるのか」も合わせて事前にコミュニケーションを取った方が確実ですね。色々と書きましたが当たり前に予算に限りはあります。ホームページに求める機能やクオリティで金額は大きく変わります。本当にその機能は必要なのか、全て制作サイドに任せていいのか、諸々ご検討頂き発注先を決めて頂ければと思います。
それでは良い制作者様と出会えますように:-)

よろしければSNSでシェアしてください!

コメントを残す

*
*